遠絡療法

遠絡療法(保険外治療) 痛み・重み・シビレの特殊治療

方針イメージ

 

 私は医師・柯尚志先生のもと8年間、東京へ定期的に通い治療技術を教えていただきました。
 当方も柯尚志先生の様に、様々な症状や原因が分からず苦しんでいる方の手助けをさせて頂きたいと思います。

 多くの病院や整骨院では腰が痛ければ腰の治療を、肩が痛ければ肩の治療をおこないます。
 例えば肩の上げる痛みでは肩以外が原因の場合、神経の根元の治療を行なわなければ痛みは取れません。

 柯尚志医師が考案した遠絡療法は主に特殊レーザーを使い人体で対応している対応穴を治療します。
(例 手と足 裏と表など)
 台湾・日本での数千の難治性疾患の実症例から、より効果のある対応穴を組み合わせ、順番に繋ぐ方法によって血液・神経・リンパ・髄液などの流れを改善し、症状を改善させる非常に強力で独創的な治療方法です。

 

治療には熱などが発生しない専用のソフトレーザーを使用します。治療ポイントへの効果以外には人体への影響はない安全な機器です。


※主な対応症例
原因不明の症状・痛み・重み・シビレ・触れない痛み
手・足先端のシビレ・CRPS(電撃痛 灼熱痛)、PHN帯状疱疹後神経痛、三叉神経痛
頚痛、肩痛・肩こり、肩関節の痛み・五十肩、肩甲骨痛、背中の痛み、肘関節の痛み・テニス肘・ゴルフ肘、手首痛、足首痛、腰痛・腰部の重み・引っ張られる感じ、股関節痛、膝関節痛、踵痛、成長痛、坐骨神経痛、仙腸関節炎、顎関節症、偏頭痛、群発性頭痛、筋緊張性頭痛、顔面痛、坐骨部痛、手の痺れ、足の痺れ、手指痛、足趾痛、術後の痛み、アトピー性皮膚炎、花粉症、自律神経失調症、冷え性、生理痛、陰部の痛み、脳卒中後遺症(手・足の動きが悪い)横腹のつつぱり感・口唇舌の痺れ
睡眠障害・手や足の冷え・手足の力が入りにくい(脱力感)・便秘・目が重い・耳鳴り・めまい

 

 3週間以上続く症状・場所が移動する痛み・時間変化のある痛み・原因不明の痛みなどは遠絡療法の中枢治療が効果的です。

 他では痛みが取れにくい代表的な場所として、

  • お尻の痛みと痺れ
  • 肩を上げる・後ろへ動かす時の痛み
  • 手親指の痺れ
  • もも・ふくらはぎ 前側の痛み
  • 腕の曲がる側・手の指紋側の痛み
  • カカトの痛み

柯先生は長年の臨床より症状の感じる場所とその発生していく順番、痛みに対し原子能と輻射能の関係を発見されておりました。

柯医師独自の理論で神経を治療しますので、非常に効果的です。


※他県からの問い合わせも時折ありますが、遠絡療法を受けられる場所についてはインターネットで検索するよりも、遠絡医療センターにて遠絡療法を行っている医師を紹介してもらう方が良いです。

 最近は遠絡療法も多くの医師・治療師に普及しはじめましたが、重要なのはホームページの完成度よりも病態を考え治療を行うことです。

 

 なお症状がひどい場合、症状の原因点が難しい場合は、遠絡医療センター(小泉正弘医師)へのご紹介も行っております。

治療の流れについて

  • 問診

    遠絡療法は今の症状に至るまでの経過(病態)から治療を考えますので問診に時間がかかります。
  • 治療

    特殊レーザーと経絡を使用し、痛み・シビレの名医・柯尚志医師に学んだ手技で治療致します。(東北では当院のみ)

予約制・集中治療 (保険外です)

平日13時~14時  土曜午後など 

初診料 2,000円  (紹介状ありの場合は無料)
治療費 30分 5,000円~ (治療時間に準じた料金になります)

電話の際に「遠絡療法」でお問い合わせください。

電話 0184-37-2493

よくあるお問い合わせ(FAQ)

» 続きを読む